地元の挨拶まわり

11953060_897395390335865_2526142212569970113_n

11902320_897395383669199_8547012269128433485_n
地元の挨拶まわり。維新の党のゴタゴタのお詫びと説明。党員入党の御礼。
夕方から高校の大泉学園と縁のある高校の先輩同級生と。

外務委員会で質問!

11954577_896785270396877_5213605047339496003_n

11885288_896785250396879_5162921462468555699_n
本日外務委員会で質問に立たせていただきました。
カザフスタン、ウクライナ、ウルグアイ投資協定、カタール租税協定、ルクセンブルク社会保障協定について。採決は賛成。
ウクライナの協定があったのでクリミア問題に関する政治的な意味、アジアインフラ投資銀行と上海総合指数、南北朝鮮の緊張と安保法制の関連性について。
来週は文部科学委員会において新国立競技場について質問に立ちます。

淳と隆の週刊リテラシーに出演しました!

IMG_2092IMG_2087

淳と隆の週刊リテラシーに出演しました!
特集で「NHK建て替え問題」について。
今後も引き続き追及して参りたいです。

淳と隆の週刊リテラシーに出演しました!動...

地元活動

今日は学生インターンのお二人と支援者のお宅を訪問。いろいろ午前中からご馳走になりました。お昼もすっかりご馳走に。ありがとうございます!

S__17014787S__17014786

TOKYO MXテレビに出演します!

TOKYO MXテレビに出演します!

日時:8月22日(土) 17:00~17:55
地上デジタル 9チャンネル
出演者:田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
上杉隆(ジャーナリスト)
鈴木奈々 阿部哲子
木内孝胤

※政治情報番組
是非、ご覧ください!

予算委員会で質問しました!

立川市議会補欠選挙

立川市議会補欠選挙。維新の党推薦の松本まきさんが当選しました。自民党対無所属で維新の党、民主党のダブル推薦。自民党と野党統一候補の一騎打ち。29.5%の低投票率で厳しい中での勝利は意義深い。
応援してくださった皆様ありがとうございます!
松本まきさんおめでとうございます!

NHKの経営上の課題

受信料の低い徴収率の問題
〇受信料の徴収率が74%と低く、公正さに欠ける
〇受信料を義務化する案もあるが義務化に対する抵抗感、問題点もある
〇義務化することが可能であれば受信料収入を減らさずに受信料を25%下げることが可能。個人的な意見では義務化して受信料は30%下げる。この場合、収入は6600億円から6000億円程度に減るがこれは経営努力でカバーできる水準
〇加えて受信料徴収経費を数百億円下げることが推察される

受信料3%の引き下げ
〇2008年の経営委員会で10%の引き下げを可決し2012年に7%の引き下げは実現したが、震災直後で災害対策を強化することなどを理由に引き下げは7%にとどめることにした。その後も財務的な余裕があるにも関わらず籾井会長、高市総務大臣は引き下げの意思はない
〇NHKの2015/3期経常利益は275億円、当期利益は398億円。ここ数年安定的に200億円以上の経常利益をあげており、3%受信料引き下げの減資は十分と思われる。
〇2020年から2025年にかけて3400億円の予算で新社屋と放送センターの建て替え計画がある。計画概要が固まっておらず計画の妥当性なども検証されていない段階で1348億円もの建築積立金を計上している。3400億円の建て替え計画の妥当性を国会でも検証するべき
〇財務内容は良好
現預金641億円
短期保有有価証券2118億円
長期保有有価証券1033億円
建設積立資産1348億円

http://t.co/0WyoLJNPLW(財務諸表)

NHKの民営化について
〇2001年小泉内閣の時に現在の特殊法人のままで閣議決定された。多くの民放各社の社長が反対したことが理由との声もあった。その後2005年の不祥事による受信料不払い運動の際に行革推進会議により民営化の答申、中間報告書も出たり当時の武部幹事長による小泉総理への質問もあったがその後の民営化議論は盛り上がらなかった。
〇NHKの予算と決算は国会承認事項。2015/3期の予算も維新の党は経営努力不足、受信料の引き下げを実現していないことを理由に否決したが、与党は可決したことからも国会によるチェックは機能していない。私はNHKは民営化するべきだと考える。受信料はスクランブル化による有料化という前提。

予算委員会で質問しました

face_n
本日予算委員会にて安倍総理、麻生財務大臣・金融担当相、高市総務大臣、NHK籾井会長に質問しました。13:00-13:29
1、NHK新社屋3400億円建設計画と受信料下げ
NHKは2008年に受信料を10%下げると公約したのにまだ7%しか下げていない。残り3%下げるには年間200億円必要だが直近の決算では274億円の利益で2000億円以上の内部留保もあり、B/S、P/Lからは十分に可能なのに下げる気はないと。その一方で3400億円の社屋建て替えだけは一方的に進めている。テレ朝500億円、日テレは貸事務所部分も合わせて1100億円に対して、贅沢すぎ。渋谷の土地も25千坪は過大。5千坪、10千坪売却すれば500億円の捻出も可能。とにかく一回NHKの決算内容を見てください。あまりにも酷いので民営化するべき。「身を切る改革」そして家計は温かく。
2、東芝粉飾決算
これだけの粉飾なのに処分が甘い。ウエスティンハウスののれん代にも第三者報告書は触れていない。第三者と言いながら独立性も信頼性もない調査内容。寄付を倍増させ、経団連副社長だから、安倍内閣の産業競争力会議のメンバーだから、政官業の癒着構造。成長戦略三本目の矢は政官業の三本の矢だった。だから我々は「企業団体献金の廃止」
3、50兆円の政府資産の売却
日本たばこ株3.1兆円、NTT3.6兆円、日本政策投資銀行、商工中金、他にNHKの土地、新国立競技場の土地などは全部売却。インチキ成長戦略ではなく、売却した分は確実に経済が活性化する資産売却。「小さな政府、大きな家計」
安倍総理、麻生大臣はきつい質問の時ほど何を言ってるのみたいな態度を取るが、逆に嫌な質問がわかりやすい。