野沢あきら・練馬区議の後援会「新春の集い...

 本日は、野沢あきら・練馬区議会議員のお招きで 「野沢あきら後援会 新春の集い」 に、ご挨拶に伺いました。

 

 笠ひろふみ・衆議院議員、えばたたかこ民主党東京都第10区(豊島区、練馬区一部)総支部長ら、そうそうたる顔ぶれが揃い、野沢議員とともに練馬区から政治を変える決意を新たにしました。

 

 笠ひろふみ・衆議院議員(左)、えばたたかこ民主党東京都第10区(豊島区、練馬区一部)総支部長(右)と。

 「練馬区から政権交代」に向けた決意を披露。

光が丘大通り歩道橋付近で演説

 練馬から政権交代! 日本に種をまく 「木内たかたね」 です。

富士見台駅北口で演説

 本日は朝7時より富士見台駅で街頭演説。演説後、構内のパン屋さんで朝食を食べる。

石井一民主党副代表、ツルネン・マルテイ参...

土曜日の午後、石井一民主党副代表、ツルネン・マルテイ参議院議員と共に、光が丘駅で街頭演説を行なった。石井副代表は見た目に加えて、喋った時の雰囲気や存在感がすごい。政治家に必要な存在感。ツルネン議員はフィンランドの事例を織り交ぜながら、有権者が興味深く声を傾けていた。

酉の市

練馬駅の酉の市は大鳥神社で行われ、周辺には、露天が多数立ち並び、毎年8万人以上の人で賑わう冬の風物詩となっています。今年も練馬駅南口には、地元有志の人たちの協力により特製の提灯が飾られ、練馬駅周辺の商店会がまつり一色に染まっていました。酉の市は各地の大鳥神社(大鷲神社)の祭礼ですが、酉の市で縁起物を買う風習は、関東地方特有の年中行事だそうです。農民による収穫祭が江戸の酉の市の発端といわれています。秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い、招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきました。練馬の大鳥神社は、正保2年(1645年)に鶴が3羽飛来したことに始まり、和泉国一宮大鳥神社の御分身を勧請したといわれています。今年も大小様々な熊手が境内を飾り、大勢の人で賑わっていました。

今日も木内たかたね、自転車で光が丘街宣中...

見かけたら声をかけてくださいね。

民主党東京都第9区総支部拡大会議

民主党東京都第9区総支部の拡大会議が行われ、70名におよぶ参加者のもと、国政報告、活動状況、そして今後の課題について活発な意見交換が行われた。

練馬駅前で街頭演説を行いました

皆様からは、暖かいご声援と同時に、私の政策に関して多数のご意見もちょうだいしており、ありがとうございます。間接禁煙の害を減らしてほしいという切実なご意見、また、医薬品の販売方法に関するご意見など、今後の政治活動に反映させてまいりたいと存じます。ホームページもまだ充実しておりませんが、改良を図り、ブログを通して活動の報告もさせていただきたいと考えております。また、個人演説会の予定が出来次第お知らせします。

練馬駅前で街頭演説の写真

終日、街頭演説を行なっております。住宅街では極力、皆様の生活を乱さないように留意をしてはおりますものの、気持ちが高まり、お騒がせしている事もあるかと思います。相次ぐ政治的腐敗、税金の無駄遣い、消えた年金、冷酷な後期高齢者医療制度、事故米などの食料汚染、教育の再生、経済と産業の再生等、重要な政治的課題を指摘し、政権交代を訴えております。

まず、ここで民主党が掲げる、新しい生活をつくる5つの約束についてご紹介致します。

『国民の生活が第一!変わるのはあなたの生活です。』
1. ムダづかい。天下りとムダづかいをなくし、税金を国民の手に取り戻します。国の総予算212兆円全面組み替え。国民生活を立て直す財源を生み出します。
2. 年金、医療。年金、医療、介護の不安をなくし、生活を安定させます。「年金手帳」で消えない年金。後期高齢者医療制度は廃止します。
3. 子育て。子育ての心配をなくし、みんなに教育のチャンスをつくります。一人当たり月額26000円の「子供手当」を支給します。
4. 雇用。雇用の不平等をなくし、まじめに働く人が報われるようにします。非正規社員も均等に待遇。2ヶ月以下の派遣労働は禁止します。
5. 農林、漁業。農林漁業の生活不安をなくし、食と地域を再生します。農業の「戸別所得補償制度」を創設。食品安全行政を総点検、一元化します。

鳩山由紀夫幹事長と共に街頭演説を行ないま...

鳩山由紀夫幹事長と共に街頭演説の写真

消えた年金問題、食の安全等を挙げ、政官業癒着の構造を断ち切ることは新しい政権になって初めてできる。国民生活を脅かし続ける自民党政権に変わり、国民の手に政治を取り戻すため、民主党に力を貸してほしいと有権者の皆様に訴えました。

私は税の無駄を徹底的に省く必要性を挙げ、非効率な公共投資の削減、特殊法人への12兆円の歳出削減、日本の産業の再生に取り組みたいと主張し、また、数日後に天引きされる後期高齢者の保険料を問い、同医療制度の撤廃を要求したいと述べました。リーマン・ブラーザーズの破綻のニュースが流れた時、日経平均は1万円を割ると申し上げましたが、8日には早くも日経平均が9700円を割り込みました。リーマン破綻後も日本経済が危機的状況に陥っているという認識が自民党政権には全く欠けており、必要かつ実効性のある政策案がなんら打ち出されませんでした。緊急対策はもちろん、中長期的な経済体質の改善や生産性の向上につながる対策も打ちださなければなりません。また、まだまだ豊富な人材、高い技術力、そして個人資産もある日本の国際競争力を高め、政権交代によって真の国創りをしていきたいと訴えました。

街頭演説の後は、鳩山幹事長と練馬駅周辺を練り歩き、有権者の皆様と握手を交わすことができました。この日の街頭演説には、小川敏夫参議院議員、吉田公一前衆議院議員、中山幹雄元東京都議会議員、川島智太郎前第9区総支部長が民主党の支持を訴えました。また、野上ゆきえ東京都議会議員、菅田誠練馬区議会議員、土屋均練馬区議会議員、白石恵子練馬区議会議員も応援に駆けつけてくれました。

円よりこ民主党副代表と共に大泉学園駅で街...

円よりこ民主党副代表と共に大泉学園駅で街頭演説の写真

円よりこ民主党副代表、民主党東京都連会長と共に大泉学園駅で街頭演説を行ないました。昨年、大躍進を遂げた参議院選挙では女性候補者がその原動力となりました。日本の再生のためには、女性の力が不可欠です。女性政治家の代表的存在である円よりこ東京都連会長と共に、子育ての心配をなくし、みんな教育のチャンスをつくり、一人当たり月額26000円の「子供手当」を支給する等、民主党支援を訴えました。この日の街頭演説には、川島智太郎前第9区総支部長、野上ゆきえ東京都議会議員、山田一義練馬区議会議員、三戸英一練馬区議会議員、白石恵子練馬区議会議員が応援に駆けつけてくれました。