おはようございます!
真夏日からは一転しての雨。気持ち良い朝です。

本日専門家会議が開催され既に報道のとおり緊急事態宣言が5月末まで延長されるようです。感染者数、亡くなった方、陽性率、退院者数など多くの数字をどう読み解くのか検査数が極端に少ない中での実際の数字との乖離はどうなのかなど疑問は多いです。その中で実効再生産数が1.0を下回るというのは一つの緊急事態の解除に向けての基準なのかと思っていたが0.7とか下回っていても解除されない。出口戦略が全く見えないし説明が不十分。大阪では独自の出口戦略を描いていくとの知事の説明。

その中で各種支援策(今日は事業者向け)を簡単に説明しました。現金給付、納税猶予、貸付金、無利子の貸付金など多種類の支援策があります。日本政策金融公庫はパンク気味のようですが、要件は大幅に緩和されています。

今日も頑張っていきましょう!