本日7月19日、私は仲間の議員、横粂勝仁氏、中津川博郷氏、中島政希氏と共に新しい政治の流れを創り出すために
新会派「改革無所属の会」の結成届けを提出致しましたので、ご報告申し上げます。
会派の代表は木内孝胤が務めます。今後は一層国会活動に邁進して参りたいと存じます。よろしくご指導お願い致します。

 新会派結成の趣旨

① われわれは、民主党が期待された改革を実現せず、現状維持勢力に堕したこ
とを不満として、それぞれが個人の決断で離党した。
② 特に、野田政権が、本格的な行政改革を断行しないままに、いたずらに消費
税増税に走っていることには大きな失望を覚えている。
③ 既成政党への不信感を払拭し、国民が期待する改革を推進するためには非自
民、非民主の清新な政治勢力が必要であると認識している。
④ また、そのためには地域政党も巻き込んだ大きな政界再編による新勢力の登
場が不可欠であると認識している。
⑤ われわれは、さらなる政界再編に期待し、それを加速する存在でありたいと
念願している。
⑥ われわれは、大きな政界再編の動きが現実ものとなった時には、それぞれが
個人の判断において、その流れに参加し、必要な役割を果たす覚悟を持っている。
⑦ 新会派は、与野党を問わず志を同じくする議員に広く呼びかけ、本格的な
「政界再編の推進力」となることを目指したい。
テーマ  活動報告