1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
売上が月500万円だった会社が2月は5割減、3月は7割減、緊急事態宣言と都市封鎖(外出禁止などがどの程度伴うかは不明)となることが想定される中で、4月の売上は事実上ゼロという会社、事業は当たり前のように出てきている。因みに私が手伝っている事業もこのイメージ。レストランも3月末に閉鎖(道路拡張など別要因もあったが)。

固定費の分丸々赤字。アルバイト、非正規雇用の社員には同様の事業者は給料を払えないので雇用が維持できない。手元資金でもちろん何とか踏ん張っても売上が7割や10割減だと借入できないと即雇用停止しないといけない。

麻生大臣は金融庁や銀行、政府系金融機関や保証協会などに資金繰りを積極的に支援しろと号令をかけている。添付のとおり一定の枠組みは出来つつある。

しかしながら私も東京三菱銀行に12年間いたのでわかるが、収束の時期が全く見通せない中で、金融庁の指導があろうとも、あるいは保証協会の保証が有れば審査は少しは緩くなるが、返済の見通しが立たないものに善意で貸出は実行できない。「半沢直樹」の厳しい冷酷な銀行員でなくても無理なものは無理。

そこで政治の出番だが、コロナ関連の新規貸出に伴う資金繰り支援は政府が明確に補償枠組みがないと実効性が伴わない。30兆円保証協会枠とか言っても絶対に無理と断言できる。資産査定、補償の仕組みなどで資金繰り支援の制度の実効性が大きく増すので提言したい。

K1に対して自粛要請しても、会場費用を棒引してくれるわけでもなく、アスリートへのファイトマネーを補償してくれるわけでもなく、何ら補償の枠組みを作らずに辞めてくれと言い、強行すると事業者を悪者にしてバッシング。銀行に金を貸せと言っても同じことが起こる。貸せない。だから弱い立場の社員から首を切られる。一部の大企業は数ヶ月間自宅待機とかで持ち堪えられるが、小さな事業者は既に雇用を維持できていない。

こちらは国会にいるわけではない。金融機関出身でこちらが言っていることを理解できる議員は多数いるはず。議員は街場の資金繰りの厳しさの体感がないので実は危機感が共有できていない。

安部総理の昨晩の会見をこれ以上非難したくはないが中身のなさからやっぱり危機感は小池都知事に突き上げられ早く緊急事態宣言しないと支持率が下がることへの危機感だけで本当の意味でも経済対策、実効性のある資金繰り対策を与野党協力して進めてほしい。

街場の中小事業者より。

https://www.fsa.go.jp/news/r1/ginkou/20200324.html?fbclid=IwAR39LeCgwCKAhMU8DYZZAxDubAD_TTCywbkEALLXkNWdqdDSMTlFYDLJhl4
テーマ  オピニオン
2020年3月27日(金)
スーパーの棚。ほとんど売り切れ。
同じスーパーでごはんのパックは沢山あるので逆に誰も買わない。

志村けんさん。ワールドカップサッカーでコロンビア戦でいきなり日本が先取点を。お店に志村けんさんと僕2人しかいなくて抱き合って喜んで記憶が。コロナ感染が心配です。

英国チャールズ皇太子、ジョンソン首相もコロナ感染。

昨日の小池知事の発言や今日の感染者数からは来週の緊急事態宣言や場合によって都市封鎖は既定路線。政治的な思惑優先で生活は無視ということみたい。

個人資産(というほどないが)リスクオフ。何度も経済危機を体験してきているので無意識に対策していた感じもあるがやはり厳しい。1ヶ月後、半年後が怖い。

マスクや消毒薬買いを自粛したりしていたら、仲間からプレゼント。トイペの買い占め批判とかあるし、もちろん自制しているがスーパーの棚を見ると正直買い占めたくなる。

政府の優先順位は選挙→五輪→習近平来日→株価(3月末)→国民の健康→経済(国民の生活)なのかと思ってしまう。浮き足立つ自分もいるが、国の優先順位とは別に自分なりに頑張りたい。
テーマ  オピニオン
2020年3月20日(金)
「自粛・延期・中止」一色ですね。

リスク感度に個人差が大きいので戸惑うことも多いですが、自粛疲れか慣れだかそろそろ外食など人が増えてきている気が。油断は禁物ですが淡々と日常通りを心がけています。

個人的には断捨離、大掃除、いつもは追い込まれないとやらない膨大な事務作業を片づけ。

落選後、生活費や政治活動費も稼がないといけないので、ビジネスもやってきていてプロジェクト毎に時々忙しくなったり。
娘が来週大学を卒業(卒業式は中止)、今日卒業証書を取りに行くので一緒に行こうかと。
娘の卒業で肩の荷もおりたので、商売の比重が思いがけず大きくなっていたのを大きくギアチェンジして政治の割合を増やそうと今週も手伝ってくれている仲間と準備を重ねる。
良くも悪くもかなり多種にわたるビジネスを展開しており、永田町から見える経済と街場の経済はこれほど違うのかと。

政治は二世枠、官僚枠、秘書や地方議員出身枠、テレビインテリタレント枠などいろいろありますが、普通に苦労しながら商売をしている人が少なすぎる気が。時々党が違ってもこの人当選して良かったなと思うビジネスや金融出身者は議員生活に愛想が尽きてビジネスに戻ったり。さみしくなります。

コロナでここまでの甚大な影響を予想していませんでしたが、踏ん張りどころ、前回のリーマンショック後の2009年にも多くの会社が誕生。

身体が資本とトライアスロンの準備もしていたが大会中止に。心乱れることが多い毎日原点に立ち返って頑張りたい。
テーマ  オピニオン
渡辺恒雄主筆には10回以上挨拶話を伺う機会をいただいた。いつも1時間半とか2時間程度二人きりの濃い時間。駆け出し議員である自分に会ってくれたのは渡辺恒雄さんがワシントン支局長時代に僕の父と4年間ほぼ重なっていたので父と親しく頻繁に家に遊びに来ていたご縁で木内の息子ということで可愛がっていただいた。お亡くなりになった日本テレビの氏家会長を紹介してくださったり。氏家会長とも鳩山総理辞任劇の晩にごはんをご一緒させていただいた。

四方山話をしにいくわけではないので当時の代表選挙の直前など緊迫した局面。渡辺主筆ご本人から自分はどうしたいとか。最初は情報の多さが凄いと思っていたが途中から自分がシナリオを書いているから情報を取るというよりも情報を作るスケールの大きさに圧倒された。間違いなく総理大臣よりも権力者であると感じた。

いろいろ書きたいこともあるがどこまで良いのかわからないのでやめておく。

前回選挙の直前に挨拶に行った時も希望の党のことも含めて舞台回しはあ、この人だとビックリ。小池都知事の特別秘書は読売新聞の記者さん、その旦那が選挙を仕切っていた事務総長とその時に初めて気がついた。僕の選挙区のことも直前に世論調査部長と政治部長の説明を受けていたみたいで驚くくらい詳しかった。

ご自宅で転んで大怪我。死亡説まで報道で流れたがインタビューの様子ではお元気そうで嬉しかった。
テーマ  オピニオン
2020年2月28日(金)
全国小中高一斉休校。
大型イベントの自粛要請。
NYダウ前日比1190.ドル安。1日の下げ幅として過去最大。

批判も出ているが、過剰ではないかと言うくらい劇的にやりすぎるショック療法が大切ではないか。

共働きや医療関係者の親などの児童受け入れ体制は万全を期して欲しい。大阪市をはじめ既に取り組みを発表している自治体もある。

来週香港から日本に出張予定の友人が日本出張は不安だと。水際対策の失敗、クルーズ船内の対応、下船後公共交通機関で帰宅し発症した例。検査の遅れ。10分しか対策会議をせずにマスコミ社長とは3時間会食の総理。3名もサボる大臣がいる危機感のなさ。このような時期には批判は我慢してしてきたが酷すぎる。新しい感染症でわからないことが多いことは理解するが沈没国家日本と世界が見ているのも仕方がない。ここまで来るとやりすぎ、過激と言われるくらい大胆な決断が必要。自治体のトップが足りないところは補うしかない。

経済対策もしっかり見守るとかのんきなコメントではダメだ。リーマンショック後のハチに刺された程度と対策が後手にまわったことを思い出した。そもそも景気減速局面での10月の消費税増税の経済失策。台風の影響、暖冬、新型コロナ対策の失策でのマイナス影響のどれくらいかは見通しは立たないが甚大であることに異論はない。直接の対策費はもちろんだが、給付付き税額控除による個人消費の喚起策など早急に実施するべき。
本来であれば8%、あるいは5%への消費税減税するべき。経済失策を認めたくない政府がメンツを気にして減税ができないのであれば早急に補正予算を組み、来年度予算との兼ね合いが混乱気味になるが、スピード感を持って対処するべき。

花粉症なのか空咳が少し。出歩くと迷惑なのでテレワーク。普段からいかに無駄なミーティングが多いことに気がつく。
テーマ  オピニオン
アルベルト・シュバイツァー賞授与式。
「人類、みな兄弟」や1952年のノーベル賞のシュバイツァー博士。
歴代の受賞者は、ダライ・ラマ14世、鳩山由紀夫総理、安倍晋三総理他。
今年の受賞者は千葉敏雄先生。5G×8Kの医療を進めたいと資金調達の相談を受けていたご縁でご招待いただきました。

「日中書道展」が開催されました。中国から出展された書道家の皆様来日はできませんでしたが素晴らしい作品に触れられて光栄でした。

最近ご指導いただいています久間元防衛大臣、坂本通産省のOBと濃い飲み会を楽しませていただきました。

三年ぶりくらいに一昨日飲みすぎて二日酔いに。お陰で昨日は休肝日に。

私の仲間が中国へマスクや関連の支援物資を。クルーズ船の薬の受け渡しなど。Facebookでもご連絡をいただきました方のご支援もあり、目標としていたことは実現できました。深く感謝申し上げます。

テーマ  オピニオン
2020年1月12日(日)
前澤友作さんが1000名に100万円のお年玉をとのTwitterが話題になっています。僕も添付のとおりコメントをつけてリツイートしたら9,500を超えるいいねボタンが押され驚いています。

かねてから前澤友作さんは6時間労働を提唱したり、ベーシックインカム(BI)的な要素を持った幕張(住居手当)などZOZOの中で、服の大好きな社員たちが幸せに働けて生産性が上がる環境にするにはどうしたら考え抜いてそれを実践し、かつ良い業績が継続されるという成果を実現しました。

今回もこのお年玉企画を通じて、前と後とで幸福度は、生産性はどうなるかなどを社会実験して実証して少しでもその方向に広めたいと考えているようでその取り組みに賛同しています。

2016/2/24に給付付き税額控除法案を提出しました。これは消費税の軽減税率は天下の愚策と批判してきましたが、消費税増税の際の逆進性対策の対案として提出したものです。この時の財源は軽減税率対策ということで3,600億円程度でしたが、この金額を増やしていくことで事実上のBIとなります。1かゼロかということでなくても、所得の再分配を所得控除から税額控除にする方向というのは公正な再分配強化に資すると支持しています。

個人的にも、財務金融委員会で麻生大臣や国会の代表質問で安倍総理に質問をして研究していきたいという答弁は引き出しています。

2017年の選挙では、党の主要政策としてベーシックインカムを入れまして当時の野党第一党が主要政策にベーシックインカムを入れたのは一つの前進かと思いました。

財源論は批判的なこととして言われますが、医療費を除く社会保障費約80兆円を126百万人の人口で割ると月額5.1万円の支給は負担増なく可能。
基礎・配偶者・扶養など各種所得控除270兆円の内約135兆円の控除が一本化されると月額7-8万円のBIは理論的には可能。社会保障費を税金として見える化すると徴収される国民からすると抵抗が大きいなどの課題もあるが。

IT、バイオテクノロジーの双子の技術革新、AIによる予測不能な世界。プラットフォームを支配した者による搾取を超えた世界の9割を超える人の無用化。綻びを見せ始めている自由主義の仕組みを進化改善する具体策として「ベーシックインカム」が議論されることを歓迎したい。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202001100000313.html?fbclid=IwAR0BD3paCeWBHCBalbN5igerw9HfnSM3NvdLD4wb-uy81dWeoZJXvG1va6g
テーマ  オピニオン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10