3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020年4月27日(月)
【日銀の金融政策決定会合】が開催された。

80兆円の国債買入枠の上限を撤廃し、必要なだけ金融緩和を実施するという姿勢は基本的に評価したい。
企業の資金繰りの懸念が出ている中でCPの買入枠も拡大させることも評価したい。

80兆円の枠に対して枠はまだまだあるのに意味がないというのは私も同感だが、それでもこの危機に対して無制限に緩和するという姿勢は良い。

CPの市場はそれほど大きくない中で、日銀の買入の割合が元々それなりに大きい中で、増やすのは市場の規律から不健全ではないか副作用があるのではないかとの指摘もあり私も同感だが、流動性供給の方が大切。

先日の政府の108兆円の経済対策は実は真水の部分は16.7兆円。年末の補正予算の未消化の6.4兆円、財政投融資12.5兆円なども含めて真水の39.5兆円と報道されたりしたが、マスコミの不勉強で実はたったの16.7兆円。納税猶予なども評価はしているが事業規模などを含めるのは間違い。それを訂正しないマスコミは本当に酷い。

金融政策については、内容が事前にリークされたりもして、円安にならずに材料出尽くしでむしろ小幅円高にもなった。いずれにしても日銀はできることはできる枠組みと精神論的で微妙な評価でもあるが前進。

今度はこの危機の中でいくらなんでも粉飾経済対策と呼ぶべき108兆円の財政をどのようにするかということ。黒田総裁の記者会見もネットで生で見ていたが、財政支出は政府が決断するべき事項。

利権のオンパレードの冗談みたいな肉、魚、旅行券。マスクの466億円は中抜きがばれて90億円とか。簡潔に月10万円をとりあえず3ヶ月支給するのがベストだと今も思っている。もちろん消費税の5%への減税も。

各種営業補償などは国の機能不全ぶりと各自治体の強いリーダーシップを見ていると地方に10兆円程度交付金を出して自治体に任せた方が明らかにwise spending かと。火事場泥棒のバラマキや高額所得者へ10万円や30万円の批判は国の分断にもなるので、年末に所得税で還付されるような公正な形にすれば良いだけ。ベーシックインカム的・給付付き税額控除的にすれば良い。

日銀審議委員で尊敬している片岡剛士さんがなぜ今回の緩和案に反対したのか(何となくはわかる)、中身をしっかりと精査してみたい。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO58528280X20C20A4000000?s=3&fbclid=IwAR1ZKZuWl1jrrzVMFzJrIdYoOMHHZiMsGC20MN8ZnUZ5q06_XcI8V5n0zaw
テーマ  オピニオン
2020年4月26日(日)
マスクはまだ来ていませんが友人から貰いました。
少し小さいくらいな感じで落ち着きませんが質感とかは問題ありません。
武漢封鎖から3ヶ月経過してマスクすら届いていない我が国のスピード感のない政治に失望です。落選中とはいえ申し訳ない思いです。
テーマ  オピニオン
2020年4月23日(木)
倉山満先生のチャンネルくららに出演させていただきました。

国会議員になる前に銀行や証券にいたのでマクロ経済に強い(もちろん普通の議員よりはそうかも)と思われがちだがコーボーレートファイナンスが専門で実はマクロ経済政策は専門外。それでも食らいついて追いついてきたつもり。

その中で内閣府(旧経済企画庁)の金子洋一元参議院議員はマクロ経済政策が専門の私が最も尊敬する国会議員。

マクロ経済政策の失敗が日本の衰退の最大の原因だと思っていたし現在も思っている。2012年4月に国民に嘘をついて消費税増税を閣議決定した翌日に私は離党した。やり方は反省もするべき点もあったしその後はいばらの道が続いている。ただその判断自体は今も間違っているとは思っていない。

コロナで減税とか現金給付とか言うのは簡単。でも昨年10月の消費税増税に安易に乗った自民党若手の人たちが減税や現金給付を言う資格はないなと冷ややかに見ているし、最近の増税派の日銀審議委員人事に賛成とか矛盾だらけ。本当にふざけている。

チャンネルくららは2014年4月の消費税増税という過去30年間の反省のかけらもない大失策を前年10月に決定したことに失望して立ち上げた骨のある番組。出させてもらって光栄。

直近も10万円の現金給付を受けるとか受けないとか些末な議論で盛り上がっているが、緊急経済対策の財政支出はわずか16.7兆円。それにはメディアも含めて国家的詐欺には何ら声を上げない議員たちには与野党問わず失望している。

生産性を向上させるような産業の新陳代謝を促す政策は皆無。金融緩和を進めた安部総理には当初期待したが、産業の構造改革を進めるのとセットでないと意味はない。そしてデフレ脱却を進めるべき時に増税というブレーキ。今回の国家的危機だからこそ平時では容易ではないことを一気に進めることができる好機ながらいかに本気で経済再生には関心がなかったのかわかって至極残念。

リーマンを超えた経済危機。生命は危機に晒され、生活は壊されている。まだ届きすらしていない二枚のマスク。国会議員の皆さんは本当に街に出てほしい。自粛するよりも街を見てほしい。そうすればスピード感のある政策に変わる。

国はダメだが自治体のトップは頑張っている。それは優秀とかであることよりも現場感覚があるからだ。

緊急事態宣言がどうなるかわからない。かなりの長期戦になると予測している。もう一回言うが現場を見てほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=Bn_8UVSaC_w&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3AlaZdOTPp7QpoKb4OSDoKxU1UXDi3fT9mk16phqqcuwm0G0BIBodyMIQ
テーマ  オピニオン
2020年4月21日(火)
今朝は06:30-09:30、勝どき駅で初めての駅頭。スタッフ1人、ボランティア1人で静かに駅の様子や人の動線などを見つつマイクは使わずに...と思っていたら、いきなり3名のボランティア。途中から昨日ご挨拶した中央区の支援者が仲間を引き連れて7名で。
自粛要請なので、三密やソーシャルディスタンスは徹底しながらも反対や反発もあり得るので慎重に進めています。

3月後半に日本維新の会、東京2区支部長に就任したものの、コロナで自粛を余儀なくされていますが、政治が街場の声と乖離しすぎており、皆さまの声を少しでも聞きたい、ということで開始いたします。
選挙区は以下のとおりで文京区と中央区は全域ですが、台東区と港区は一部分となります。

・中央区(全域)

・港区の一部(港区の残部は1区)
芝地区総合支所管内の芝1-4丁目、海岸1丁目、東新橋1・2丁目、新橋1-6丁目、西新橋1-3丁目、浜松町1・2丁目、芝大門1・2丁目、芝公園1-4丁目、虎ノ門1-5丁目、愛宕1・2丁目
芝浦港南地区総合支所管内の芝浦1-3丁目、海岸2丁目、海岸3丁目(1-3、14-19、22-30番)

・文京区(全域)

・台東区の一部(台東区の残部は14区)
台東1-4丁目、柳橋1・2丁目、浅草橋1-5丁目、鳥越1・2丁目、蔵前1-4丁目、小島1・2丁目、三筋1・2丁目、秋葉原、上野1-7丁目、東上野1-5丁目、元浅草1-4丁目、寿1-4丁目、駒形1・2丁目、北上野1・2丁目、下谷1丁目、下谷2丁目(1-12番、13番6-13号、16-23番)、下谷3丁目、根岸1-5丁目、入谷1丁目(4-8、15-20、29-31番)、入谷2丁目34-39番、竜泉1-3丁目、西浅草1丁目、雷門1・2丁目、浅草1丁目、浅草2丁目(1-12、28-35番)、花川戸1・2丁目、千束2丁目33-36番、日本堤2丁目36-39番、三ノ輪1・2丁目、池之端1-4丁目、上野公園、上野桜木1・2丁目、谷中1-7丁目

テーマ  活動報告
2020年4月19日(日)
今日は練馬で。国替えのお詫び。
残念がってくれると同時に、でも新しいポスター貼って行ってと(涙)。

身近な人や友人の友人みたいな方が感染していて日々緊張感が増している。その中で外出してどうかという声も。

政治の感覚と街場の声の乖離が大きすぎる。油断はゼロながら現場の生の声を聞き続けたい。もっと厳しくロックダウンとの声もあるが、厳しくするところとそうでないところのメリハリをつけて経済度外視では本当にクビをくくらざるを得ないとの声も。このタイミングで議員の報酬カットというと緊縮的になって良くないとも思っていたが、本当に3ヶ月ゼロとか緊急事態宣言終わるまで報酬半分カットとかして欲しい。

反対の声が多ければ見直すが今週から東京二区(中央区、文京区、台東区の一部、港区の一部)で駅頭を開始します。
コロナ対策のご意見・ご要望を聞かせてください!
テーマ  活動報告
2020年4月18日(土)
スマホ中毒やネガティブニュースの見過ぎには注意しつつも少しでも快適にと衝動買い。かなり良いですよ!(意識的に消費をするようにしています)

外出自粛にはできるだけ応じたいということは前提の上で、街場の声を聞くこと、経済への気配りなどのバランスをどうしたら良いか悶々と悩みながらも、目黒区長選挙の応援(明日投票日、維新の田淵正文をよろしくお願いいたします)、新しい選挙区(東京2区)の挨拶まわり、濃淡はあるがかなり多くの商売に首を突っ込んでおり資金繰りやこの危機への対応などでソーシャルディスタンスは取りながらもバタバタしています。

商売は深刻すぎて笑いしか出てこないくらいの状況、別理由もあったが店を既に閉じた、休業している、金融公庫や保証協会は面談まで全然漕ぎつけていない、夏には資金繰りがヤバイ複数の会社、引き渡し4月末の不動産などの案件と接しているとアドレナリンが出てきます。他方、えっ、こんなに儲かっているのという業種もあります。儲かっている人は静かにしていますが散財してください。

政府の動きには多少イライラしながらも、政府には元々期待ゼロではあるので(ここまで酷いとは思っていなかったが)、自助努力で何をするのかと考えながらも途方に暮れる瞬間も。リーマンの時とは違い金融システムが大丈夫とかの解説もあるが、金融システムも直ぐにヤバくなるのとかなりの長期戦を予想しているので、安全と経済のバランスを考えた外出の自主ルールを自分なりにトライ&エラーしています。固有名詞は出さないが身近だった人とかが感染しているので、2ヶ月前、1ヶ月前、2週間前よりも危機感は高まっています。

毎日浮き足立っている自分がいるが、科学的に行動したいと自分に言い聞かせている。
テーマ  日常
2020年4月14日(火)
不要不急の外出は自粛しながらも人との接触が少ないポスター貼りを。

元々貼りやすそうなところを案内してもらいながらとはいえ、「維新、頑張っているね」と13軒依頼して12軒貼らせてくださいました。

コロナ対策に関する様々なご意見を聞くことができたことも収穫でした。
テーマ  活動報告
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12