2020年8月7日(金)
東京五輪。7/23開会、明日8/8が本来であれば開会式でした。アスリート、大会関係者の皆様、楽しみにしていた全ての皆様のことをことを考えると胸が痛みます。

コロナを乗り越えて来年には何とか開催したいという気持ちは私も一緒ですが、1年後に国内は収束していることを願うばかりですが、海外の感染状況、ワクチンや特効薬が現時点でないことや今後の開発見通しなどを考えると多くの人が来年開催はかなり厳しいという現実に気がついていると思います。その中でも何とか来年の開催にという気持ちは理解できますが、不退転の決意でとか退路を絶ってなどという精神論は排除して2022年、パリの開催は決まっているが2024年への延期なども視野に入れての交渉の方が中止に追い込まれない可能性が少しでも高いと推察され、代替案①や②を用意して交渉に臨むべきではないかと。
細かい開催の契約や条件をわからずにコメントも容易ではないが、精神論を前面に出していると「失敗の本質」を思い出してしまいます。

スポーツの祭典。楽しみにしている一都民から。

https://www.youtube.com/watch?v=dvLdwfWoAm4&feature=share&fbclid=IwAR1hYFjqc1GZN8Nsk7Ygegw4gDB4REeuUbKXRsaTtpgDgu4CmEl65xBBevI
テーマ  オピニオン